長野市生涯現役促進協議会

イベント・セミナー

就労や社会活動へのきっかけとなる多彩なセミナーやイべントを開催し、シニアの皆様の充実したセカンドライフを応援します。

7/30 人生100年時代 より豊かに生きるために~自分らしい輝き方を見つけよう~第3回」を行いました

シニアの方向け

活動レポート

 

【ボランティア講座(&ワークショップ)3回シリーズの最終回】

7月30日(土)、長野市ふれあい福祉センター5階ホールで、

ボランティア講座「人生100年時代 より豊かに生きるために~自分らしい輝き方を見つけよう~」

の第3回目を開催し、10人の皆様に参加いただきました。

             

講師の内山二郎氏

 

【ラスト回は「未来新聞づくり」 5年後の姿を記事化して】

第1~2回の開催に引き続き、ファシリテーターに内山二郎氏をお迎えして行ったワークショップ第3弾では、

5年後のありたい姿を思い描いた“未来新聞づくり”に挑戦しました。

 

記事づくりの主なルールは2つです。

  • 5年後の姿がすでに「実現」したものとして書きあらわすこと
  • 「長野市在住の〇〇さんは~」の〇〇の部分に自分の名前を入れること

これによって、新聞記事としてのリアルさが生まれました。

事例紹介の直後、参加者がいっせいに筆記具を走らせる音が会場内に響きます。

そこからは本当に早かった!

  

チームに分かれ、もぞう紙大の新聞にそれぞれの記事をレイアウトしたり、大見出しや小見出しをひねり出したり。

皆さん5年後の未来への思いをしっかり持っておられ、迷いなく作業は進みます。

「□□新聞」という新聞名も、チームワークで着々と決まっていきました。各チームの個性が最も出る部分ですね。

  

全体発表では、シニア参加者の皆さまのみならず、各チームに分散していたわれわれ職員も発表するハメになりました。

内山講師のフリと回しで、テンポよく全員の発表が進み、会場にはすっかり連帯感が生まれました。

 

アンケートに寄せられた、さまざまなお声

■有意義で楽しかった。老後まだまだ楽しめることに安心しました

■いつも多彩な講座をありがとうございます。きっかけになると思います。

■いつも何をするにもドキドキですが、やってみると「エイヤ」との精神で楽しみました。

■楽しい雰囲気の中、やはり何かを考え活動しなければという気持ちをいただきました。

 

参加いただいたシニアの皆様

講師の内山先生、事例紹介いただいた皆様、

開催にあたって毎回協力をいただいています「長野市ボランティアセンター」様

ありがとうございました。

  

項目名内容
開催日令和4年7月30日(土) 午後1:30から3:30
場所長野市ふれあい福祉センター 5階ホール
対象長野市在住の55歳以上の方
定員40人
参加料無料

チラシダウンロード

一覧へ戻る

先頭へ戻る