長野市生涯現役促進協議会

イベント・セミナー

就労や社会活動へのきっかけとなる多彩なセミナーやイべントを開催し、シニアの皆様の充実したセカンドライフを応援します。

Web版「シニア人材活用セミナー」を行いました

企業の方向け

活動レポート

令和4年3月、企業・団体の経営者や人事労務担当者を対象に、“高齢者雇用”を検討するきっかけとしていただくための「シニア人材活用セミナー」を、ホームページ上で行いました。

配信は3月1日~31日の期間限定で、収録した講演映像を、申込みのあった24名、19企業・団体様にご視聴いただきました。

【開催挨拶】

長野市生涯現役促進協議会 下平嗣会長(令和3年度当時)

 

 

【第1部】

 

第1部では、産業カウンセラーでキャリアコンサルタントの降籏一彦氏に、「自律的キャリア開発の勧め~人生100年時代のシニア世代のキャリアデザイン」について、ご講演いただきました。

降籏氏からは、

①日本の労働市場の現状と課題、シニア世代の現状と課題

②企業戦略としての自律的キャリア開発とは何か、セルフキャリアドックの活用

③シニア世代のキャリアデザインの重要性、シニア世代の活用策、選択肢としてのセカンドキャリア

のテーマについてお話いただきました。


【視聴アンケートからの声】

「キャリア開発をすることは、シニアの活躍だけでなく、組織全体の向上、求人力等多くのことに影響を与えられると分かった。本セミナーの内容を活かし、今後のシニア活用の制度や仕組みを考えていきたい」

「高齢者のキャリア形成を自律的に実施できる環境づくりは、“シニア世代の活用”を行ううえで、今後戦略としても重要との認識ができました」


 

【第2部】

 

第2部では、長野労働局職業安定部職業対策課高齢者対策担当官の戸谷謙一氏に、「高齢者雇用の県内での取り組みについて」ご講演いただきました。

戸谷氏からは、

①最近の雇用情勢について

②高年齢者の活用に向けて

(高年齢者雇用安定法改正の概要/高年齢労働者の安全と健康管理のためのガイドライン/特定求職者雇用開発助成金など助成金制度について/シルバー人材センターの活用について)

③長野県の高年齢者雇用の現状

のテーマでお話いただきました。


【視聴アンケートの声】

「近年の高齢者雇用の情勢、労働施策や支援活動等をわかりやすく説明いただけました」

「高年齢者の県内の状況や取り組みについて、複数のデータが用いられ、大変勉強になりました。シニア世代の就労には、さまざまな選択肢があるべきとの必要性について、高年齢化率の高い県として参考になりました」


 

 

 

当初、本セミナーは、長野市芸術館アクトスペースにご来場いただき講演を開催する予定でしたが、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、県が「まん延防止等重点措置」の適用となったことから、形式を変更しての開催となりました。会場での講演を楽しみにしていた皆様にはご不便をお掛けしました。

 

Web視聴セミナーへのアンケートでは、「たいへん満足」と「満足」を合わせて、86%の満足度および感想をいただきました。

視聴いただいた企業・団体の皆様、

講師の皆様、

ありがとうございました。

項目名内容
開催日3月1日(火)~31日(木)期間限定
場所お知らせページ「シニア人材活用セミナー」
対象経営者または人事労務担当者
定員
参加料無料

一覧へ戻る

先頭へ戻る